あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年ベスト

収穫

恒例(と言ったって誰も待ってない)企画をば。今年も大豊作の年となった。ジャズを聴きはじめてもうすぐ30年になるが、今ほど面白い年代はないんではないか、という充実ぶりである。しかも、その気になれば世界のどんな片隅の音源も入手できるし。というわけで、昨年8年ぶりに撤廃した各部門の枠を今年も拡大し、ミュージシャンやレーベルのダブりもなるべく許容した。輸入新譜と邦人新譜が各10枚、発掘・復刻版が海外と国内の各3枚、そして新設のダウンロードアルバム部門も海外と国内の各3タイトル、ついでに各部門に「おまけ」を1タイトル付けた(理由はそれぞれ参照)。なお選考基準は、今年よく聴いたもの、インパクトの大きかったもの、新奇なもの、お付き合い、思い入れ、バランス、等を考慮した結果である(まあ、こういうのは選者の美意識なりスタンスなりが反映されるものにすぎないのであって、どうしたって中立的・客観的たりえないのである)。


海外新譜

Dan Weiss - Sixteen : Drummers Suite
outwardbound.hatenablog.com


Vijay Iyer / Wadada Leo Smith - A Cosmic Rhythm with Each Stroke
outwardbound.hatenablog.com


Weasel Walter Large Ensemble - Igneity: After The Fall Of Civilization
outwardbound.hatenablog.com


Leila Bordreuil / Michael Foster - The Caustic Ballads
outwardbound.hatenablog.com


Anthony Braxton - 3 Compositions (EEMHM) 2011
outwardbound.hatenablog.com


Bi-Ki? // Quleque Chose au Milieu
outwardbound.hatenablog.com


PBB's Bread & Fox - Big Hell On Air
outwardbound.hatenablog.com


John Butcher, Thomas Lehn, Matthew Shipp - Tangle
outwardbound.hatenablog.com


Luc Houtkamp & Hannes Buder - The Malta Sessions
outwardbound.hatenablog.com


John Zorn - The Classic Guide To Strategy Volume 4
outwardbound.hatenablog.com


正直に告白すれば、ウィーゼル・ウォルターとアンソニー・ブラクストンとジョン・ブッチャー~マシュー・シップとジョン・ゾーン以外は何でもいいのであるけれど、前述の通りなるべく新奇なものを紹介したかったので、こういうラインアップになった。なおこの部門のベスト1はジョン・ブッチャーとマシュー・シップ(とトーマス・レーン)の「Tangle」である。ちなみにこの部門の「おまけ」はヴォーカルアルバムを紹介しておきたい。

John Zorn - Madrigals
outwardbound.hatenablog.com



邦人新譜

明田川荘之~楠本卓司~本田珠也 / アフリカン・ドリーム
outwardbound.hatenablog.com


Ryoko Ono & Rogier Smal - Wood Moon
outwardbound.hatenablog.com


近藤直司 - 永田利樹 - 瀬尾高志 / Petite Fleur
outwardbound.hatenablog.com


秋山徹次 / 大城真 / すずえり / ロジャー・ターナー Live at Ftarri
outwardbound.hatenablog.com


加藤崇之 / PEPETAN
outwardbound.hatenablog.com


HMT
outwardbound.hatenablog.com


坂田明 × 岡野太 / duo improvisation
outwardbound.hatenablog.com


カフカ鼾 / nemutte
outwardbound.hatenablog.com


後藤篤 カルテット - Free Size
outwardbound.hatenablog.com


梅津和時 × グラント・カルヴィン・ウェストン / Face Off
outwardbound.hatenablog.com


輸入盤には大編成も3枚あったが、国内盤はいずれも4人以内の少数精鋭ばかりという結果になった。この部門のベストは、坂田さんと梅津さんのいずれもドラムとのデュオアルバムが同率1位であろうか。この部門の「おまけ」はこれです(もともと、このCD-Rを入れたいがために「おまけ」を企図した)。

吉田野乃子デモCD-R
outwardbound.hatenablog.com



DL新譜

Mary Halvorson & Noel Akchote
outwardbound.hatenablog.com


Peter Evans - Lifeblood
outwardbound.hatenablog.com


Roger Turner / Yukihiro Isso - TAKANEHISHIGU
outwardbound.hatenablog.com


SXQ Live at Cafe Footprints
outwardbound.hatenablog.com


中島さち子 - Time, Space, Existence
outwardbound.hatenablog.com


Yanagawa Ono SAX DUO
outwardbound.hatenablog.com


メアリーとアクショテのデュオも特筆すべき素晴らしさ(ライブ盤もある。11月13日参照)だが、この部門の1位はピーター・エヴァンスの大傑作ソロである。おまけは、発売数日で消えてしまった Chris Pitsiokos の幻のアルバムを(のちに同じメンバーで仕切り直しとなっている。8月29日参照)。

Chris Pitsiokos - Before the Heat Death
outwardbound.hatenablog.com



再発・復刻版

William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975 - 1989
outwardbound.hatenablog.com


David S. Ware & Matthew Shipp DUO / Live in Sant'Anna Arresi, 2004
outwardbound.hatenablog.com


Buell Neidlinger - Gayle Force
outwardbound.hatenablog.com


富樫雅彦菊地雅章 / コンチェルト
outwardbound.hatenablog.com


森山威男 ミーツ 市川修
outwardbound.hatenablog.com


SEIKATSU KOJYO IINKAI / 生活向上委員会ニューヨーク支部
outwardbound.hatenablog.com


「生活向上委員会ニューヨーク支部」の再発にも驚いたが、最も驚いたのはやっぱりチャールズ・ゲイルが20代だった60年代の発掘音源だろう。この部門のおまけは、スティーブ・リーマンの「Interface」リマスター再発LP化について。まあ私には関係ないのだけど、ブレイク以前のリーマンのリーダー作について知りたい人はこちらをご参照いただければ幸いです。

Steve Lehman Camouflage Trio - Interface
outwardbound.hatenablog.com



まとめ

全体を通じてのベスト1はピーター・エヴァンスの「Lifeblood」である。ついにDLアルバムが1位になってしまった。来年以降はさらにこういうことが増えていくのかなあ。


というわけで、今年も残すところあとわずか。昨年末に立てた目標のうち、「1年間の半分にあたる183エントリ」はどうにか達成したが、「ジャズの話だけでなく他の話題も提供」は全く手つかず、さらに明記はしていないが、エリック・ドルフィーに関する雑文も中途半端なまま、2年連続でまるで宙に消えるみたいに途絶している。2017年の目標は「200エントリ」と、手つかず或いは途絶した仕事をやりおおせることだろうか。

以上、本年もお付き合いいただき、誠にありがとうございました。来る年も生温くお付き合いいただければ幸いです。よろしくお願いします。