あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mary Halvorson & Noël Akchoté - Live in Strasbourg

メアリー・ハルヴァーソンとノエル・アクショテのギターデュオ、早くも2作目が出ている。


Mary Halvorson & Noël Akchoté - Live in Strasbourg
(MHNA, 2016)
Mary Halvorson(elg) Noël Akchoté(elg)


なんと、フランスのストラスブールで5日に行われたばかりのライブの「録って出し」である。ステージのどこで録ったのか、観客の咳払いや話し声がよく聴こえるので、まるでプライベート盤のような雰囲気が満載だ。演奏されているのは11曲、うち9曲は前作(8月26日参照)と共通で、初披露はW. C. ハンディの「Ouverture / Careless Love」とスタンダードの「Just Friends」の2曲。全般的にくつろぎに満ちた「ジャズ」が演奏されている感じだが、やっぱり滋味深いことに変わりはない。


01. May 20th (Akchoté)
02. Can I V? (Akchoté)
03. Ouverture / Careless Love (W. C. Handy)
04. Flowers (For Mary) (Akchoté)
05. L'Herbe Tendre (Halvorson / Akchoté)
06. Icare Easter (Akchoté)
07. Just Friends (Klemmer / Lewis)
08. Dunja (Akchoté)
09. Gerfrais (Akchoté)
10. Strange Meeting (Bill Frisell)
11. Him & Her (Ornette Coleman)



Mary Halvorson の過去記事アーカイブ(旧ブログ)