あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年ベスト

収穫

ここ何年かは、年末年始をまたいで溜った新譜を聴いていることが多かったが、今年はどうにか年内に聴き終えることができた(年初に届く予定のものがないでもないが)ので、5年ぶりに年内にまとめておきます。しかも今年は例年にない豊作ぶりで、新譜100枚、再発・復刻50枚をブログに書いたこともあり、各部門3枚の枠を8年ぶりに撤廃することにした。そして、ミュージシャンのダブりを回避するのは例年通りだが、レーベルのダブりは許容する。今年よく聴いたもの、インパクトの大きかったものを各部門5枚(輸入盤のみ10枚)セレクトし、順位は付けない。


輸入盤

Made in Chicago

Made in Chicago

Henry Threadgill(as, bass-fl) Roscoe Mitchell(sopranino, ss, as, baroque-fl, bass recorder) Muhal Richard Abrams(p) Larry Gray(b, violoncello) Jack DeJohnette(ds)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/01/14/004946
今年はこのアルバムから始まった。先ほど順位は付けない、と書いたが、これが1位でもかまわない。


f:id:joefree:20150222203011j:plain
Aut To Lunch!
Aut Records, 2015)
Piero Bittolo Bon(as, bcl, fl) Alfonso Santimone(p, rhodes) Danilo Gallo(b) Gioele Pagliaccia(ds, per, banjo) + Tony Cattano(tb) Pasquale Innarella(ss)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/02/22/205257
ダウンロード版ながら、PBBのアルバムを一枚入れておく。


f:id:joefree:20150423003845j:plain
Chris Pitsiokos - Oblivion/Ecstasy
Chris Pitsiokos(as)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/04/23/003952
今年は、Chris Pitsiokos のアルバムが日本でも容易に入手できるようになった年としても記憶されるかもしれない。「Gordian Twine」ではなく、あえて無伴奏ソロのダウンロードアルバムをチョイス。


f:id:joefree:20150502211613j:plain
Switchback - Switchback
Multikulti Project, 2015)
Mars Williams(sopranino, ss, as, ts, fl, kalimba) Wacław Zimpel(acl, bcl, algoza, overtone-fl) Hilliard Greene(b) Klaus Kugel(ds, per)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/05/02/213425
マーズ参加アルバムもぜひ一枚、ということで、マイケル・ゼランのグループも面白かったが、ヴァツワフ・ジンペルも見事なこちらを選択。


f:id:joefree:20150507025228j:plain
John Butcher - Nigemizu
(Uchimizu Records, 2015)
John Butcher(ts, ss)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/05/07/040004
これも、今年の作品なんだよね。


f:id:joefree:20150526010850j:plain
Pulverize the Sound
Relative Pitch Records, 2015)
Peter Evans(tp) Tim Dahl(elb) Mike Pride(ds, per, grockenspiel, nose whistle)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/05/26/014320
ピーター・エヴァンスはここ数年、多作傾向が続いていたが、今年は少しペースが落ちた。このアルバムそのものより、メールスのストリーム中継での印象が強い。


Roulette of the Cradle

Roulette of the Cradle

Ingrid Laubrock(ts, ss) Mary Halvorson(g) Kris Davis(p) John Hébert(b) Tom Rainey(ds) Oscar Noriega(cl)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/05/30/040512
メアリー・ハルヴァーソンの参加作はどれも粒ぞろいで、待望のソロ作品も出たが、総合点ではこのアルバムかな。


Blue Buddha

Blue Buddha

Louie Belogenis(ts) Dave Douglas(tp) Bill Laswell(b) Tyshawn Sorey(ds)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/08/15/211822
ルイ・ベロジナス復活万歳!


Inaction Is an Action

Inaction Is an Action

Jon Irabagon(sopranino)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/10/28/033922
イラバゴンを見直した一枚。


Vista Accumulation

Vista Accumulation

Chris Speed(ts, cl) Matt Mitchell(p) Chris Tordini(b) Dan Weiss(ds)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/11/17/010211
この作品には驚いたなあ。事前に考えてた印象と聴いた後の感想の落差という意味では、これがトップ。


国内盤

N/Y

N/Y

新垣隆(p) 吉田隆一(bs)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/02/08/020727
吉田さん関連作は、blacksheep と迷いに迷った。


Alternate Flash Heads

Alternate Flash Heads

小埜涼子(as) 竜巻太郎(ds)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/10/16/220102
これは文句なしでしょう。


saxophonedaxophone

saxophonedaxophone

広瀬淳二(ts) 内橋和久(daxophone)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/10/17/192233
これも外せない。


f:id:joefree:20151022235655j:plain:w160
Nonoko Yoshida - Lotus
(Nonoya Records, 2015)
吉田野乃子(as)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/10/23/004336
コネとか依怙贔屓とか批判を承知で、これを日本人1位に推す。


f:id:joefree:20151111023619j:plain:w160
Rema Hasumi - UTAZATA
Ruweh Records, 2015)
蓮見令麻(p, vo) Todd Neufeld(g) Thomas Morgan(b) Billy Mintz(ds) Ben Gerstein(tb) Sergio Krakowski(pandeiro, adufo, karimba)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/11/11/035536
本来これは「輸入盤」にエントリーすべきなのだが、いろいろ試行錯誤した結果、こちらに収めることとする。


再発・復刻版

イン・ヨーロッパ 1983 - complete edition -

イン・ヨーロッパ 1983 - complete edition -

山下洋輔(p) 武田和命(ts) 小山彰太(ds) 林栄一(as)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/01/23/004149
今年の再発・復刻ラッシュはここから始まった。これが1位でかまわない。


LIVE AT 八王子アローン SEP.3.1977

LIVE AT 八王子アローン SEP.3.1977

阿部薫(as) 井上敬三(as) 中村達也(ds)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/04/26/210908
某筋によると、阿部薫はまだまだ膨大な未発表音源が眠ってるそうなのだが、事情があって表には出せないのだそうな。そんな中、このCDは出てくれたこと自体が奇跡なのではないか。


Complete Charlie Parker With Strings

Complete Charlie Parker With Strings

Charlie Parker(as) 他
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/05/20/013946
至上の愛 ~コンプリート・マスターズ」よりも、衝撃度はこちらが上。


パルセーション PULSATION

パルセーション PULSATION

富樫雅彦(per) 高柳昌行(g)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/10/09/023559
これも外せない。


Birth of a Being

Birth of a Being

David S. Ware(ts) Cooper-Moore(p) Marc Edwards(ds)
http://outwardbound.hatenablog.com/entry/2015/11/08/001307
S・ウェア関連では、セシル・テイラー・ユニットの発掘もあったが、迷うことなくこちらに軍配。




一昨年11月に「はてなブログ」に移り、昨年は初めて一年間通しでこちらに書き続け、記事数は111エントリとなった。今年当初は120エントリを目標にしていたが、それを大きく上回る177エントリ(本記事含む)になったのは、ひとえに2015年のジャズが面白かったからであり、読んでくれる人たちの反応も大きく、両者に深く感謝申し上げる次第です。

2016年は1年間の半分にあたる183エントリが目標です(ちなみに来年は閏年)。そのためにはアルバム数に左右されないように、このブログもジャズの話だけでなく Sightsong さんのように、他の話題も提供できればと考えています。ただし、知性と教養に欠け時間の使い方の下手な私にはどうにも荷が重く、幾度も挫折してきたのが事実ですが、ブログを書き始めて10年を迎えたこともあり、来年こそ少しずつ着手していければと思っています。まあ無理かもしれないですけど、生暖かい目で見守っていただければ幸いです。


以上、本年もお付き合いいただき、誠にありがとうございました。id:zu-ja さんからは過大なる讃辞をいただきまして大変恐縮です。来る年もお付き合いいただければ幸いです。よろしくお願いします。