あうとわ~ど・ばうんど

Weeks / Corder / Namay / Harris - Fractal Selves

以前に聴いて好印象だったサンフランシスコ・ベイエリアのアルトサックス奏者トム・ウィークスの参加作を聴く。Fractal Selves by Weeks/Corder/Namay/Harris Weeks / Corder / Namay / Harris - Fractal Selves (Amalgam, 2019) Tom Weeks (as), Nathan C…

Gayle Barcella Cabras / The Alto Sessions

チャールズ・ゲイルの新作が出ている。 Gayle Barcella Cabras / The Alto Sessions (el NEGOCITO Records, 2019) Charles Gayle (as, p), Giovani Barcella (selected drums & cymbals), Manolo Cabras (b) 前作(17年5月12日参照)と同じレーベル、同じ…

アンソニー・ブラクストン勉強会&ライブ

3月9~10日に開催された『アンソニー・ブラクストン勉強会&ライブ』のレビューを、JazzTokyo誌最新号#252 に寄稿しました(レビューとは名ばかりの、ただの観察記録でしかないような気もしますが…)。また、齊藤聡さんのクロスレビューも補完になっています…

Dustin Laurenzi / Snaketime: The Music of Moondog

このアルバムが、凄く琴線に触れるのである。Snaketime: The Music of Moondog by Dustin Laurenzi Dustin Laurenzi / Snaketime: The Music of Moondog (Astral Spirits, 2019) Chad McCullough (tp), Nick Mazzarella (as), Dustin Laurenzi (ts), Jason…

Boneshaker / Fake Music

書かない癖がつくと、すっかり更新が億劫になってしまう。その間にウンザリするほどCDやデジタル音源が溜まっていた。聴いていっても片付いた気がしないのは、たとえ一言でも感想を書きつけていないからだ。10年以上の習慣とは、げに怖ろしきものである。…

Tom Rainey Trio / Combobulated

ようやくCDが届いた。Combobulatedアーティスト: Tom Rainey出版社/メーカー: Intakt発売日: 2019/02/01メディア: CDこの商品を含むブログを見るTom Rainey Trio / Combobulated (Intakt Records, 2019) Tom Rainey (ds), Ingrid Laubrock (sax), Mary H…

『Tom Weeks / Mort à crédit: Alto Saxophone Solos 2017』レビュー

『Tom Weeks / Mort à crédit: Alto Saxophone Solos 2017』について、JazzTokyo誌に寄稿しました。本ブログ2月2日の記事の加筆です。jazztokyo.org

Ken Vandermark / Paal Nilssen-Love - Screen Off

Paal Nilssen-Love & Ken Vandermark / Screen Off (PNL Records, 2019) Ken Vandermark (reeds), Paal Nilssen-Love (ds, perc) なんだこれは。ふたりのいつものデュオのつもりで聴き始め、おおヴァンダーマークもニルセンラヴも音がいったんステージの床…

Anna Webber / Clockwise

Clockwise (feat. Matt Mitchell, Jeremy Viner, Jacob Garchik, Christopher Hoffman, Chris Tordini & Ches Smith)アーティスト: Anna Webber出版社/メーカー: Pi Recordings発売日: 2019/02/22メディア: MP3 ダウンロードこの商品を含むブログを見るAnna …

Trapper Keaper Meets Tim Berne & Aurora Nealand

またしても、ずいぶん間が空いてしまった。Meets Tim Berne & Aurora Nealand by Trapper Keaper Trapper Keaper Meets Tim Berne & Aurora Nealand (ears&eyes Records, 2019) William Thompson IV (keyb, electronics, vo), Marcello Benetti (ds, cymba…

2月2週のプレイリスト

Wschód by Rodrigo Pinheiro + Zbigniew Kozera + Kuba Suchar WSCHÓD(Clean Feed) Rodrigo Pinheiro (p), Zbigniew Kozera (b), Kuba Suchar (ds) The Raven and the Dove by Hatcher/Maunu/Kirshner Hatcher / Maunu / Kirshner - The Raven and the Dov…

Human Feel / GOLD

Human Feel の新作が(実は Clean Feed よりも前に)届いている。GOLDアーティスト: HUMAN FEEL & ANDREW出版社/メーカー: INTAK発売日: 2019/01/19メディア: CDこの商品を含むブログを見るHuman Feel / GOLD(Intakt Records) Andrew D’Angelo (as, bcl), …

Larry Ochs | Nels Cline | Gerald Cleaver / What Is To Be Done

Clean Feed の新作が届いている。What is to Be Doneアーティスト: Nels Cline & Larry Ochs Gerald Cleaver 出版社/メーカー: Clean Feed発売日: 2019/01/25メディア: MP3 ダウンロードこの商品を含むブログを見るLarry Ochs (ts, sopranino), Nels Cline (…

2月3日のプレイリスト

www.discogs.comwww.discogs.com

1月最終週のプレイリスト

Drolleries by Bloor

Kuzu / Hiljaisuus

26日に予告していた通り、JazzTokyo #250 にデイヴ・レンピスの新作『Kuzu / Hiljaisuus』のレビューを寄稿しています。jazztokyo.org

Tim Hill / but my mouth was full of stones and shadows

これもやはりサックスソロアルバム。but my mouth was full of stones and shadows by Tim Hill - alto, sopranino and baritone saxophones Tim Hill / but my mouth was full of stones and shadows (Brazen Head Recordings, 2018) Tim Hill (alto, sop…

Tom Weeks / Mort à crédit: Alto Saxophone Solos 2017

ここ数週間、何を聴いても耳を素通りするばかりだった(理由は自分なりに分かっている)が、久しぶりに心をとらえたのがアルトサックスの無伴奏ソロだったという事実は、わたしの或る一側面を表しているのかもしれない。Mort à crédit: Alto Saxophone Solos…

1月19~25日のプレイリスト

以下のうち1枚について、2月3日更新予定の JazzTokyo #250 にレビューを寄稿しています。採用されるかどうかはわかりませんが。Hiljaisuus by KuzuMidnight and Below by Terry Day / Dominic Lash / Alex WardAir Ceremony by Dustin CarlsonFirst Lapse…

yasumune morishige / ruten

id:yorosz (@yorosz)さんのツイートで、Leo Okagawa (@prtcll)さんの記事「30 Music of 2018」を知り、眺めてみたところ、森重靖宗のアルバムがあったので興味ひかれ、CDという選択肢も当然あったものの、bandcamp を見つけたので手っ取り早くデジタル…

The Noise Eating Monsters / ROARING

「ノイズ喰らいの怪物たち」は昨年、3作品のデジタルアルバムをリリースしている。本作は3作目。(前作は10月2日、前々作は1月9日と2月1日参照)ROARING by The Noise Eating Monsters The Noise Eating Monsters / ROARING (MuteAnt Sound, 2018) Alex …

Peter Evans / Agustí Fernández / Barry Guy - Free Radicals At DOM

Free Radicals At DOM by Peter Evans / Agusti Fernandez / Barry Guy Peter Evans / Agustí Fernández / Barry Guy - Free Radicals At DOM (Fundacja Słuchaj, 2018) Peter Evans (tp), Agustí Fernández (p), Barry Guy (b) 初めて聴いた(あるいは観…

1月6日のプレイリスト

Milford Graves / BäbiBabiアーティスト: Milford Graves出版社/メーカー: Corbett vs Dempsey発売日: 2018/11/16メディア: CDこの商品を含むブログを見る Misha Mengelberg, Peter Brötzmann, Evan Parker, Peter Bennink, Paul Rutherford, Derek Bailey, …

1月5日のプレイリスト

セシル・テイラー以外。既紹介盤も混ざっている(bandcamp等でデジタルを聴いて感想を書いた後、入手したCDは未開封のまま眠っていたパターン。該当記事リンク参照)。 DELL BRECHT LILLINGER WESTERGAARD / Boulez Materialism "live in concert"BOULEZ M…

Cecil Taylor / Conversations with Tony Oxley

Conversations With Tony Oxleyアーティスト: Cecil Taylor出版社/メーカー: Jazzwerkstatt発売日: 2018/05/18メディア: CDこの商品を含むブログを見るCecil Taylor / Conversations with Tony Oxley (Jazzwerkstatt, 2018/2008) Cecil Taylor (p), Tony O…

1月4日のプレイリスト

またしてもメモ替わり(感想無し)。昨日聴いたもの。 stand alone-404 / Nackt 坂口光央solo / Nervestone http://enjyaqu.main.jp/top.html Marie Takahashi, Hui-Chun Lin, Chino Shuichi / I'm Not Yours I'm Not Yours by Chino Shuichi, Marie Takahas…

Fay Victor's SoundNoiseFUNK / Wet Robots

Wet Robotsアーティスト: Fay -Soundnoisefu Victor出版社/メーカー: Esp-Disk発売日: 2018/08/10メディア: CDこの商品を含むブログを見るFay Victor's SoundNoiseFunk / Wet Robots (ESP-Disk', 2018) Fay Victor (vo, lyrics), Sam Newsome (ss), Joe Mo…

1月2日のプレイリスト

メモ替わりに。感想無し(ただし、印象の良かった順ではある)。 Ingrid Laubrock / Contemporary Chaos Practices - Two Works For Orchestra With SoloistsContemporary Chaos Practices - Two Works for Orchestra with Soloistsアーティスト: Kris Davis…

Zack Clarke / Mesophase

気づいたら1月1日が終わっていたが、本年もよろしくお願いします。 Zack Clarke / Mesophase (clean feed, 2018) Zack Clarke (p, electronics), Chris Irvine (cello), Charlotte Greve (sax, cl, fl), Nick Dunston (b), Leonid Galaganov (perc, wate…

2018年ベスト

12月はすっかり更新が滞ってしまったが、2回しか更新しなかった7月と一緒で、理由を書くと愚痴に終始してしまいそうなので、おとなしく再開することにする。で、この時期恒例のベスト、ということになるのだけれど、今年、その7月についに新譜を買うペー…