あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ornette Coleman / Sound Museum : Three Women

Ornette Coleman 旧作

これもブックオフにて購入(対になる「Hidden Man」は棚に無かった)。

Sound Museum (Three Women)

Sound Museum (Three Women)

Ornette Coleman(as, tp, vln) Geri Allen(p) Charnett Moffett(b) Denardo Coleman(ds) Lauren Kinhan, Chris Walker(vo)


オーネットが、ジェリ・アレンを迎えたカルテットによるアルバム(14曲中13曲が「Hidden Man」と同じ曲)。ジェリのピアノはスタイルだけで言えば、先日のヨアヒム・キューンよりも、オーネットの音楽に相性は合っている(ジェリと気心の知れた、オーネットと縁浅くないチャーネットが参加していることも関係しているかもしれない)。オーネットも自在に楽しげに伸びやかに飛び跳ねていて、ふつうに良いアルバムなのだが、こうしてモダンジャズではオーソドックスなピアノ入りカルテットで聴くと、オーネットも「フリージャズの開祖」や「独特で怪異な個性」といった軛から逃れて、敷衍したフリージャズスタイルの一演奏家に聴こえてしまうから不思議だ。あるいはそれを嫌って、長くピアノを迎えなかったのだろうかと邪推してしまう。ところで、中盤に挿入される男女ヴォーカルがフィーチャーされる曲は、悪い演奏ではないが雰囲気がかなり異質で、これはまあハーフタイムショウみたいなもんだろうか。