あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Loz Speyer's Inner Space - Life on the Edge

Rachel Musson 目当てで購入。

Life On The Edge

Life On The Edge

Loz Speyer(tp, flh) Chris Biscoe(as, acl) Rachel Musson(ts, ss) Olie Brice(b) Gary Willcox(ds)


ふーむ、ショップのインフォでは『アンサンブルを重視したフリージャズともコンテンポラリージャズとも一概に言い切れない音楽』と評していたけれど、私に言わせればこれは、フリージャズの要素も加味した現代のオーソドックスなジャズ、である。曲想はオーネット、アンサンブルはブッカー・リトルの3管ハーモニー、が範の一つであろうか。目当てのレイチェル・ミュッソンはフリーだろうがオーソドックスジャズだろうが、独特のザラリとした音色でアグレッシブに攻めてくれるのでうれしい。この人は、イングリッド・ラブロックのように、もっと有名になっていいはずだ。リーダーのトランペットが残念ながら退屈であるが、クリス・ビスコーのアルトにはベテランらしい深いコクがあり、総じてまあまあ楽しむことはできる。