あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Momentum 1 : Stone (前半)

ようやくヴァンダーマークの新作6枚組に取り掛かる。が、2回に分けて、まずは前半(Disc 1~3)だけ聴く。


Momentum 1 : Stone
Audiographic Records, 2016)
Disc 1:Sylvie Courvoisier(p) Chris Corsano(ds) Ingrid Laubrock(saxophones) Ken Vandermark(reeds)
Disc 2:Mat Maneri(viola) Joe McPhee(ts) Ken Vandermark(reeds)
Disc 3:Tom Rainey(ds) Ned Rothenberg(saxophones) Ken Vandermark(reeds) Håvard Wiik(p)


ケン・ヴァンダーマークが昨年1月、ニューヨークはダウンタウンミュージックシーンの根城「The STONE」に乗り込み(まあこれが初ではないが)、6日間計12セットにわたって繰り広げたレジデンシーから、スペシャルセッション6セットを収録した選集(残る6セットは彼のレギュラーグループないし Eric Revis とのカルテット)。Disc 1 は初日の 1st セット、Disc 2~3が2日目の両セット(各日のセットリストはこちら参照。残念ながらジョン・ゾーンとの共演は実現しなかったようである)。各セッションの企画意図については、筆まめで記憶力抜群のヴァンダーマーク自身が例によってライナーノーツで丁寧に説明しているのだが、各地のフェスティバルで何度も演奏姿を観つつも共演は初めて、というイングリッド・ラブロックやトム・レイニーとのセッションが、気合入りまくりでとにかく熱い。特に開幕を飾ったラブロックとの共演は、先日の Relative Pitch の新作でも存在感抜群だったクリス・コルサノとシルヴィー・クルヴォアジェの活躍もあって物凄いことになっている。ラブロックとヴァンダーマークの相性も素晴らしくて、このカルテットはレギュラー化してもよろしいんじゃないでしょうか(いずれはヴァンダーマークとメアリーも…と淡い期待を抱きつつ)。なお Disc 2はヴァンダーマークとジョー・マクフィーの気心知れた共演ながらマット・マネリの存在感もあって室内楽的響きが新鮮(このトリオで今年ヨーロッパツアーをするらしい)、Disc 3でのネッドとの共演は互いに歩み寄っているような交わり合いが好印象である。