あうとわ~ど・ばうんど

Andrew Hill / But Not Farewell

中古盤にて入手。

But Not Farewell

But Not Farewell

Andrew Hill (p) Greg Osby (as, ss) Robin Eubanks (tb) Lonnie Plaxico (b) Cecil Brooks III (ds)


アンドリュー・ヒルが最初のブルーノート復帰を果たした際、発表された2枚のアルバムのうちの2枚目。90年録音。その前年に録音された復帰作の「エターナル・スピリット」は5年前、サムシンエルス&新生ブルーノート創立25周年でリイシューされたが、こちらはラインアップから外れていた(ということは、今年は30周年だが何かないのだろうか?)。

前作は当時のヒルのトリオに、ボビー・ハッチャーソンとグレッグ・オズビーが参加したクインテットだったが、本作もクインテットでオズビーは引き続き参加し、残るメンバーは所謂 M-Base 派で固められている。いわば、ヒルのリーダー作でありながら、M-Base にヒルが客演したともいえる。なので、5人での演奏はあまりヒルの音楽っぽくない感もあるのだけれど、管楽器ソロが終わってトリオになると、ああやっぱりヒル節がたまらない。そのうちサックスやトロンボーンがいなくなる瞬間を心待ちしている自分に気づく。

なお全7曲で、前半4曲はクインテットだが、後半3曲はオズビーとのデュオ、そしてソロが2曲となる。前半と後半でアルバムのムードがガラリと変わるのだけれど、後半がいい。とくにヒルのソロピアノはやっぱりスペシャルだ。

ルフレッド・ライオンはヒルを売り出そうとして果たせなかったことが心残りだったそうで、80年代に復活したブルーノートにヒルが呼び戻されたものの、ライオンはヒルの作品リリースを見ることなくこの世を去っている。レーベルは2枚のアルバムでライオンの遺志は果たされたと考えたのかどうか、本作でヒルは再びブルーノートを離れる。そして2度目の復帰で、結果的として遺作を吹き込むことになるのだが、ヒルとブルーノートの因縁に思いをはせずにいられない。

灰野敬二 ジョン・ブッチャー / 光 眩しからずや

CD、LP も出ているが、デジタル会員になっている OTOROKU にて DL を入手。

Light Never Bright Enough

Light Never Bright Enough

Keiji Haino (vo, g, fl) John Butcher (sax, feedback)


灰野敬二のどのアルバムだったか忘れたけど、一番最初に聴いた作品が「ああっこれは自分にはよくわからん」という経験だったせいか、彼に対しては未だにどうも苦手意識を持っているのだが、なーに怖がることなどありはしない(と、これは自分に言い聞かせているのだ)。本作はおととし7月、Cafe OTO におけるジョン・ブッチャーとの共演ライブだが、彼のエレクトリックギターは、弦が金属であることをあらためて実感させてくれる非常に生々しい響きであり、ブッチャーに伍して繊細で、かつ力強い。ブッチャーがサックス以外を扱う場面では、うっかりするとどっちがどっち?と思う瞬間も(まあ左右定位があるので、よっぽどうっかりしなければ、そんなことにはならないが)。


試聴

Williams ​/ ​Gray ​/ ​Corsano, Live at Elastic 2​/​2​/​12

なんと年末にひっそり、こんなデジタル(ミニ)アルバムがリリースされていた。


Williams ​/ ​Gray ​/ ​Corsano, Live at Elastic 2​/​2​/​12
Elastic Arts, 2017)
Mars Williams (reeds) Darin Gray (b) Chris Corsano (ds)


2012年1月から2月にかけて行われた坂田明&ちかもらちの米国ツアー中、2月2日にシカゴのライブハウス Elastic でマーズ・ウィリアムスと共演(こちら参照)。そこから坂田さんの抜けたトラック、3曲20分弱だけを抜き出した作品、ということのようだ。なお「最低価格無し」なので無料でも入手できるが、私は幾らか払った。3曲それぞれトリオ(5分強)、ドラムソロ(5分弱)、トリオ(7分半)といずれも短めながら、この3人ならではの高密度高濃度の内容。マーズは最初のトリオでソプラノ、最後のトリオではアルトを吹く。とくにアルトのほうが聴きごたえ抜群で、冒頭、あれもしかして坂田さんも入ってる?と一瞬勘違いしてしまうほど。こうして音源はしっかりあるわけだから、これはぜひとも坂田さんも加わった完全アルバム化を切に期待したいところ。

Bobby Previte / Somewhere, In Italy - Part I

ボビー・プレヴァイトが20年以上前に組んでいたグループ「Weather Clear, Track Fast」の発掘ライブ音源を、自らデジタルでリリースしている。


Bobby Previte / Somewhere, In Italy - Part I
Bobby Previte (ds) Jamie Saft (p, org) Cuong Vu (tp) Andrew D'Angelo (sax, bcl) Andy Laster (sax, cl) Curtis Hasselbring (tb) Lindsey Horner (b)


録音年月日など詳細不明だが、最後のアルバムとなった「Too Close to the Police」(96年)の頃(なお、その前までの作品は楽器編成は同じだが、メンバーが全く違うのでご注意)と思われる。ちなみに私がプレヴァイトを知ったのは、ご多聞に漏れずジョン・ゾーンの「Voodoo」だったので、てっきりフリー系の人だとばかり思っていたら、リーダー作を聴いていくとそうでもないことが分かって、程なく聴かなくなってしまった、という時期である。メンバーは当時の若手、であるが、今の目で見ればオールスターメンバーと言っていい。演奏はメインストリーム寄りのジャズであり、メンバーもそれほど『逸脱』はしていないが、それぞれに才気は感じさせる。全体を通じては、目当てのディアンジェロよりも、アンディ・ラスターが印象に残った。


参考アルバム

Kevin Norton Quintet / Change Dance (troubled energy)

スティーヴ・リーマンの初期参加作品を入手。

f:id:joefree:20180115221830j:plain:w550
Kevin Norton Quintet / Change Dance (troubled energy)
Barking Hoop, 2002)
Kevin Norton (ds, glockenspiel, perc) Mark Dresser (b) Dave Ballou (tp, cor) Steve Lehman (as, sopranino) Rachel Telesmanick (as, bs)


スティーヴ・リーマンが CIMP レーベルに初リーダー作となるライブ録音を行った翌月、2001年6月のスタジオ作品。ここで主役として活躍しているのはリーダーのドラム、ではなく、マーク・ドレッサーのベースであって、サウンドの屋台骨として、また駆動輪として抜群の存在感で躍動しまくっている。管3本はどちらかといえば脇役のようであるが、それでも当時23歳のリーマンが登場するや、粗削りながら若さと気合に溢れた、と、どうしても形容したくなる印象的なプレイにやはり惹きつけられる。今ではこの頃のような異物感と曲折感が満載の激しいサックスはあまり聴かせてくれないが、いつかまたワンホーンでブロウしまくるアルバムを作ってはくれまいか(まだ言ってる)。

さて。これで、リーマンの未入手初期作品は Kevin O'Neil の「Sous Rature」だけとなった。こちらも、いつかぜひとも聴いてみたい。

Akosh S. Unit / kalóz 1

Akosh S. Unit の旧作が、bandcamp で無料開放されている。


Akosh S. Unit / kalóz 1
(2002)
Ákos Szelevényi (ts, ss, bcl, fl, tárogató) Quentin Rollet (as) Vígh András (tekerölant) Christian Brazier (b) Gildas Etevenard (ds)


アコシュ・セレヴェニに関しては、東方民族音楽的ムードの中でサックスを激烈にぶちかましてくれれば、個人的にはOK。という観点からは、過去に聴いた作品群との比較で言えば、やや物足りなさもある(もちろん抑制的な演奏にも味わいはあるのだが)。しかしそれを補うように他のメンバーが頑張っていて、もう一人のサックスもアコシュと見事なコンビネーションを見せるし、tekerölant(ハーディガーディのことらしい)の人はよく前面に出てきて、呪術的ともいえる響きでとても印象に残る。

SAINKHOKOSMOS - 6.8.17

順番が逆になってしまったが、2017年ベスト(DL編)に選びつつも、ブログには未掲載だったアルバムについて触れておく。


SAINKHOKOSMOS - 6.8.17
OTORoku, 2017)
Samm Bennett (ds, vo) Sainkho Namtchylak (vo) Ned Rothenberg (cl, as, shakuhachi) Peter Scherr (electric upright bass) Kazuhisa Uchihashi (g, daxophone)


正直に告白すると、サインホの歌を聴くのはものすごく久しぶり(20数年ぶり?)だったのだが、あれ、随分とポップというか、チャーミングな声になったなあ、というのが一聴しての感想。それはグループ表現トータルの印象によるところもたぶん大きくて、2セット計100分余に及ぶ演奏はおそらく基本的にはインプロヴィゼーションであろうとは思うものの、ところどころ、ノリの良い楽曲になっていることが多い。サインホの天界の声とも冥界の声ともつかぬヴォイスで始まった演奏は、やがてネッドがマウスピースでサインホと戯れたりしているうちに、「曲」に昇華していく。しかもそのメロディーやリズムがとても琴線に触れるというか、ある部分はどう聴いても「エアジン・ラプソデー」にしか聴こえず、また別の部分では日本人ミュージシャンのある曲を思い出させ、ネッドが情感たっぷりにアルトサックスによる“ジャズ”を演奏するといったことも起こっている。