あうとわ~ど・ばうんど

Chico Hamilton & Eric Dolphy / Complete Studio Recordings

こんなCDが出ていたとは知らなかった。

COMPLETE STUDIO RECORD

COMPLETE STUDIO RECORD

Chico Hamilton(ds) Eric Dolphy(as, bcl, fl) etc.


エリック・ドルフィーのニューヨーク進出前夜、初めて一般的なパブリシティを獲得したチコ・ハミルトン・クインテット時代(1958~59年)の公式スタジオレコーディングを集成した約220分に及ぶ3枚組。2000年に発掘された「オリジナル・エリントン組曲」から始まり、「スリー・フェイセズ・オブ・チコ」「ウィズ・ストリングス・アタッチド」「That Hamilton Man」「ゴングス・イースト」の全5作品(録音順)に加え、最後にボーナストラックとして、有名な58年のニューポートにおけるライブの6曲が収録されているという至れり尽くせりぶりで、2千数百円とは安い。

ドルフィーのハミルトンクインテット時代を初めて通しで聴いてみたことになったが、巷間云われているようにはドルフィーがグループのサウンドに合っていないとは思われない。彼は地元では名の通ったセッションミュージシャンであったはずで、公の仕事と自分の嗜好をしっかり切り分け、彼に与えられた役割をそつなくこなしつつ、しかし自分の個性をしっかり紛れ込ませている。そしてそれはハミルトンも許していたにちがいないということであって(私はむしろ好んでいたのではないかと思っているのだが)、この時期はドルフィーの個性が確立していないだの何だの評論家めいた空論を述べる必要はなくて、サウンドに溶け込みつつ許される限りのトライをする、というのが当時の彼の仕事だった、ということだと思う。なおこの時期のクインテットは『ドルフィー映え』するようなオドロオドロしいムードの曲が多いような気がするが、それが後年のドルフィーの作曲にも影響を与えたと考えるのは的外れであろうか。


ちなみにハミルトン・クインテットにおけるドルフィーの後任はチャールス・ロイド(しかも初期はアルト)であって、ロイドが去った後には渡辺貞夫も去来することになるのが時代の妙である。

Magda Mayas & Jim Denley - Tempe Jazz

Relative Pitch を引き続き。

f:id:joefree:20170816232314j:plain:w550
Magda Mayas & Jim Denley - Tempe Jazz
Relative Pitch Records, 2017)
Magda Mayas(clavinet) Jim Denely(as, bfl)


ベルリン在住の鍵盤楽器奏者 Magda Mayas は楽器本来の音を全く出さず電子音なども駆使する即興音楽家で、John Butcher や Christine Abdelnour (Sehnaoui) といった特殊奏法を得意とするサックス奏者との共演が多い。オーストラリア出身の Jim Denley もそうしたマルチリード奏者の一人だそうで、すなわちこのデュオも、クラビネットとアルトサックス(とバスフルート)という組み合わせから想起される音はほとんどない。ではかなりシリアスなインプロデュオかと思いきや、不思議な情緒的ムードが支配していて、うっとり聴き惚れる。

Honsinger / Caloia / Zubot - In The Sea

再び Relative Pitch に戻る。

f:id:joefree:20170816225139j:plain:w550
Honsinger / Caloia / Zubot - In The Sea
Relative Pitch Records, 2017)
Tristan Honsinger(cello) Nicolas Caloia(b) Joshua Zubot(violin)


「In The Sea」というのがタイトルであるが、これは3人のグループ名でもあるようだ。だから一曲目は、海のない「Setagaya Ku」という曲から始まる。全体的にはクラシック風味の弦楽三重奏なのだけれど、ホンジンガーの音楽にありがちな(?)『節操のなさ』が良い味付けになっていて、中盤で登場する「Black Hill's in Dakotas, Hawai」という曲で聴けるのはハワイアンではなく、沖縄民謡ふうメロディーだったりするから面白い。


参考動画
www.youtube.com

Vijay Iyer Sextet - Far From Over

地元店で購入。

Far from Over

Far from Over

Graham Haynes(cor, flh, electronics) Steve Lehman(as) Mark Shim(ts) Vijay Iyer(p, fender rhodes) Stephan Crump(b) Tyshawn Sorey(ds)


ヴィジェイ・アイヤー・セクステットの初アルバム。録音は今年4月。グループ自体は2011年には存在していて(当時のメンバーは、リーマンでなくルドレッシュ・マハンサッパ、タイショーンでなくマーカス・ギルモア、という布陣)、おそらく14年ごろに現体制となって、YouTube などでライブ動画がアップされるたび、いつ作品化されるだろうと待ち焦がれていたのだった。その待望の本作を何度か聴いてみたら、思いのほか「ジャズ」している、という印象。この場合のジャズとは所謂ジャズのことであって、しかも時に電子楽器も用いたりしてさまざまなタイプのジャズが演奏されていて、意外にもなんだか懐かしい気分にさせられる。しかしながらメンバーがメンバーであるから、そこを食い破ってくる各人のソロがやっぱり良くって、とくに一曲目、スティーヴ・リーマンの久しぶりにリミッターを外したようなアグレッシブなプレイにしびれた(アルバム最後の曲のソロを飾るのもリーマンのアルト、というのがまた心憎い)。彼のオクテットにも参加しているマーク・シムも豪快に吹きまくって、20代でブルーノートからデビューした経歴が伊達ではない実力を見せつける。もし次作があれば、フリージャズ的な演奏にも突っ込んでいってもらいたいなあ。


ティザー
www.youtube.com

参考動画(今年6月のライブ)
www.youtube.com

Christian Lillinger / Tobias Delius - Dicht

Relative Pitch の作品に戻る。

f:id:joefree:20170815030739j:plain:w550
Christian Lillinger / Tobias Delius - Dicht
Relative Pitch Records, 2017)
Christian Lillinger(ds) Tobias Delius(ts, cl)


ピーター・エヴァンスとの Amok Amor をはじめ、最近数多くのプロジェクトで名前を見かけるようになった33歳、ドイツ出身?ドラマーのクリスチャン・リリンガーと、彼より20歳年上でICP オーケストラにも参加する英国出身テナーサックス奏者のトビアス・デリウスとのデュオ。デリウスのテナーは細かくぶつ切りにしたようなラインと、うっかりするとアルトに持ち替えたのではないかと勘違いするような独特の音色がとても魅力的。ギュンター・ゾマーの弟子というリリンガーも多彩なドラムワークで盛り立てる。


参考動画(スティックの行方にも注目)
www.youtube.com

Vandermark / Kugel / Tokar - Escalator

続いて Not Two のヴァーダーマーク新譜を聴く。

Escalator

Escalator

Ken Vandermark(ts, cl) Klaus Kugel(ds, perc) Mark Tokar(b)


昨年5月、ポーランドでのライブ。しかしいったいヴァンダーマークは、同じようなトリオを何組つくれば気が済むのだろう。乱暴に言ってしまえば、彼のやっていることはどのトリオもだいたい一緒で、いくつかのモチーフを手掛かりに繰り返したり発展させたりして、とにかく吹いて吹いて吹き倒す。メンバーそれぞれのスタイルだったりクセだったり、微視的には組み合わせによって音楽はさまざまに変化するけれど、巨視的にはまあ常に概ね同じだと思って差し支えない。しかしこれがいつもいつも面白いのだから困る(いや困ることは、ない)。ヴァンダーマークはとにかく強靭な意志で繰り返し繰り返し吹き続ける。だから同じようなトリオを何組つくろうと、気が済むことなど決してないだろう。


参考動画(本作収録時のライブ)
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com

Bobby Zankel & The Wonderful Sound 6 - Celebrating William Parker @ 65

Not Two Records の新譜も届いた。

Celebrating William Parker at 65 (feat. William Parker)

Celebrating William Parker at 65 (feat. William Parker)

Muhammad Ali(ds) Dave Burrell(p) Diane Monroe(violin) William Parker(b) Steve Swell(tb) Bobby Zankel(as)


なかなか良かった。今年1月に65歳となったウィリアム・パーカーを迎えたボビー・ザンケルのアルバム。ということで、事前に YouTube で検索してみたリーダーのオーソドックス寄りのプレイに不安を抱いてもいたのだけれど、いやはや不明を恥じるばかり。49年生まれのザンケルは、70年代初頭にセシル・テイラーのラージアンサンブルに加入し、そこでパーカーと出会ったという経歴の持ち主で、若き日に身に付けたフリージャズマナーが今もしっかり息づいている。オーネット的な鷹揚さを垣間見せたり、セシルの下を去来したアルト奏者たちを彷彿とさせたり、ロフトジャズ的な快楽もある。


参考動画(ザンケルとデイヴ・バレルのデュオ)
www.youtube.com