あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Berlin Soundpainting Orchestra - Holothuria

先日の VOB Trio のアルバムと同時に購入した、Rieko Okuda さん参加の一枚。


Berlin Soundpainting Orchestra - Holothuria
AUT Records, 2016)
Charlotte Barnett(voice) Bianca G.(voice) Makiho Yoshida(violin) Penelope Gkika(violin) Davide Lorenzon(as, bcl) Federico Eterno(as, cl) Jonathan Lindhorst(ts) Dominic Sell(elg) Bob Meanza(electronics) Kriton B.(harmonium, objects) Rieko Okuda(p) Adam Goodwin(b) Antti Virtaranta(b) Adrian David Krok(ds) Hada Benedito(artistic direction, composition, soundpainting)


当ブログでは PBB や Edoardo Marraffa の参加作リリースでお馴染み AUT Records からの作品(イタリアのミュージシャンが多いから、てっきりイタリアのレーベルかと思ってたのだけど、ドイツのレーベルだったのね)。本作はグループ名が体を表していて、チェンバージャズやらコレクティブインプロやらミニマリズムやらクラシック風やらサイケ風やらアンサンブルやらを次々と空間に塗りたくっていく。ちなみにタイトルの「Holothuria」は海鼠の学名だそうで、アルバム前半を占める「海鼠組曲」は、言われてみればなるほど海のイメージかもしれない。VOB Trio からはドラムを除く2人が参加し、Okuda さんはここではピアノを弾いている。メンバーの中では3曲目「Encounter with a Mollusk」におけるアルトサックス(2人いるが、Davide Lorenzon なのではないか)にすごく惹きつけられた。


ティザー
www.youtube.com

参考動画
www.youtube.com