あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Peter Van Huffel / Sophie Tassignon - Hufflignon

ピーター・ヴァン・ハフェルの旧作を聴く。

Hufflignon

Hufflignon

Sophie Tassignon(vo) Peter Van Huffel(as, ss) Samuel Blaser(tb) Michael Bates(b)


実は単に、clean feed のラインアップに Gorilla Mask 以外の参加作があったことに偶々気づいて何となく取り寄せてみただけだったのだけど、いやあこれは良かったなあ。ロックテイストと爆発的疾走が持ち味の Gorilla Mask とは違って、ヴォイスとの二枚看板で、現代音楽的というのかクラシック音楽風とでもいうか、落ち着いたムードで情趣豊かに格調高く時に物憂げな演奏を披露してみせている(作曲は10曲中6曲がタシニョン、3曲がヴァンハフェル、残る1曲はなんとヴィヴァルディの「主は愛する者に眠りを与え給う」である)。

ヴァンハフェルの正統的で時にアナーキーさも垣間見せるサックスの音色の美味しさもさることながら、本作で最も印象に残るのはホーンのように多彩な技術を見せつけるベルギー出身ベルリン在住らしいタシニョンのヴォイスであって、彼女に対する興味も俄然湧いてきた。(いわゆるジャズヴォーカルはとても苦手なのだけれど、こういう女声ヴォーカルって大好物なんだよね)



参考動画(2人は「House of Mirrors」というグループでも活動を共にしている)

www.youtube.com