あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Andrew Hill - A Beautiful Day

旧作 Andrew Hill Marty Ehrlich

年末年始にまとめて買った中古盤。最後の盤も、最初に聴いたのと同じアンドリュー・ヒル。

Beautiful Day

Beautiful Day

Andrew Hill(p) Scott Colley(b) Nasheet Waits(ds) Aaron Stewart(ts) John Savage(as, fl) Marty Ehrlich(as, cl, bcl, fl) Greg Tardy(ts, cl, bcl) J. D. Parran(bs, bcl) Ron Horton, Dave Ballou, Laurie Frink, Bruce Staalens(tp) Charlie Gordon, Joe Fielder, Mike Fahn(tb) José Davila(tuba)


アンドリュー・ヒルの魅力に開眼したのは(残念ながら)彼の死後に「Time Lines」を聴いてからだったが、ドハマりするきっかけになったのはその次に聴いた Palmetto レーベルの2枚、「Dusk」とこの「Beautiful Day」による所が非常に大きい。とはいえ、私が聴いていたのはレーベルサイトから試聴曲を直接ダウンロードしたCD-Rであって(なんと当時はmp3を全曲フルサイズで聴けて、それをそのままダウンロードできたのだから、良い時代であった。08年1月24日参照)、「Dusk」は後に中古できちんと入手したものの、本作は今回入手するまで結局買わず仕舞になってしまっていたのだった。

しかし久しぶりに聴いたら、やっぱり良いなあ。ヒルのオーケストラはメンバーに大きく自由なスペースを与えながら、だが彼独特の美意識が隅々まで透徹している。オープニングを力強く飾る「Divine Revelation」は、タイトルになっているアルバムも存在する(「Divine Revelation」)が、まったく新しい命が吹き込まれており、その後も幽玄にして異次元美をたたえたヒルの作曲センスが味わえる。60年代の最初のブルーノート時代よりも、それ以後の彼のほうが個人的には好みですね(とくに晩年は信じがたいほど素晴らしい)。


試聴
www.youtube.com


というわけで、年末年始の中古盤をこれで全て聴き終えた。なお、ブログに書いたものが31枚、書かなかったのは6枚、という結果であった。