あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silva rasmussen solberg - free electric band

旧作 Mette Rasmussen

注目すべきアルトサックス奏者メッテ・ラスムッセンが参加しているので以前から気になっていたが、ようやく入手。

silva rasmussen solberg - free electric band
for tune records, 2016)
Alan Silva(syn) Mette Rasmussen(as) Ståle Liavik Solberg(ds)


メッテは私が考えていたよりはるかに引き出しの多い七色十色の多彩多様な音を駆使していて、しかもどれもが抽象的でなく喚起力に富む豊かな物語性を伴って、45分一本勝負を泳ぎ切っている。それは彼女にそれだけの能力があった(ことを見誤っていた)わけだが、むろんそれが開陳されたのは彼女の独力によるものでなく、共演三人の阿吽の呼吸によってこの時はそれが引き出された、ということなのであろう。アラン・シルヴァはここではベースでなく、シンセサイザーを弾き、このプレイもまた彼女に呼応するように多種の響きで場を挑発している。個人的には彼のベースよりも好みかもしれない。ということも含めて、うれしい驚きに満ちたアルバムだったのだ。


参考動画
www.youtube.com