あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taylor Ho Bynum - Enter the PlusTet

Firehouse 12 Records からメアリー参加作が同時リリースされている。

Enter the Plustet

Enter the Plustet

Nate Wooley(tp) Stephanie Richards(tp) Vincent Chancey(frh) Steve Swell(tb) Bill Lowe(bass tb, tuba) Jim Hobbs(as) Ingrid Laubrock(ss, ts) Matt Bauder(ts, bs) Jason Kao Hwang(vln, viola) Tomeka Reid(cello) Ken Filiano(b) Mary Halvorson(g) Jay Hoggard(vib) Tomas Fujiwara(ds) Taylor Ho Bynum(composer, conductor, cor)


テイラー・ホ・バイナムのグループもどんどん大きくなり、総勢15人のクインデクテットと相成った。試聴で出だしの音を聴いて、アンソニー・ブラクストンの大編成物みたいな感じか(バイナムも時々音楽監督をやっているし)と思っていたのだけれど、通して聴いてみると印象が全く異なっていて、非常にジャズ的な展開の音楽なのである。15人も集めてこんなことがしたかったのか、と思うと拍子抜けしてしまう一方で、妙に感心もしてしまう。まあわたしは、メアリーに活躍の場が与えられてさえいれば、それで満足なんですけどね。


試聴