あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

John Tchicai / Tony Marsh / John Edwards - 27 September 2010

OTOROKU のDLアルバムに戻る。(ところで OTOROKU 音源が続いているのは、以前デジタル会員になったことをすっかり忘れていて、無料DL権がたまっていたので、最近大量DLしたせいである)

f:id:joefree:20160928011956p:plain
John Tchicai / Tony Marsh / John Edwards - 27 September 2010
OTOROKU
John Tchicai(saxophones, fl) John Edwards(b) Tony Marsh(ds)


実はあまり期待していなかったのだが、なかなか良かった。ジョン・チカイというと、デンマークから60年代にニューヨークへ渡り、アルバート・アイラーの「New York Eye And Ear Control」やジョン・コルトレーンの「Ascension」、New York Art QuartetNew York Contemporary Five に参加していて、当然それらに耳は通しているものの、正直言って何だか気の抜けたアルトだなあ、という程度の印象でしかなかった。だから彼がつい最近(2012年)まで存命で演奏活動をしていたことも、後年はテナーを主奏楽器にしていたことも知らなかったのだけれど、これを聴くと、いっけん気の抜けたようにも聴こえるリラクゼーションに満ちた演奏こそが彼の個性だったのかと、ようやく気づいたのだった。ちなみに、これはテナーに持ち替えたからこそ気づけたのだろうとも思ったのだが、ブログを書くために70年代以降の音源を YouTube で聴いてみたら、アルトでもまったく悪くはなくて、もっとも若いころは切迫感とか凄みのある演奏に惹かれるもので致し方ないのだと言い訳しつつ、つくづく馬鹿耳であるよなあと再認識した次第なのである。


試聴