あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョビ渋

新譜

チョビ渋

チョビ渋

パーソネルはこちら参照


札幌で2010~13年、地元出身の不破大輔さんプロデュースで行われた小中高生(活動終了時は中高生)対象の渋さ知らズワークショップが、総決算として(?)残したアルバムとのこと。当時そのような活動が行われていたのはもちろん知っていたが、YouTube(検索すれば多数あります)で演奏の様子を見たことがあるのみで生を観たことはなく、3年遅れて音源を聴いて驚いているしだい。(なお、このCDが吹き込まれた直後に札幌で行われた渋さチビズのライブでは、本盤に参加していたと思われる子たちが、立花秀輝氏の眼鏡がずり落ちそうになるたびに悲鳴のような歓声を上げていたのを思いだす。13年3月20日参照)

ここで披露されている8曲は全てメンバーのオリジナルで、各楽曲の構造もネーミングセンスも本家渋さ知らズのマナーが踏襲されている。その演奏は若さも、青さも、渋さも、巧さも、熱さも、粗さも、歪さも、元気さも、楽しさも、頼もしさも、かわいらしさも、生きの良さも、思い切りの良さも・・いろいろと兼ね備えていて、なんだか微笑ましくうれしくなってしまうのだった。メンバーの中には現在ミュージシャンへの道のりの途上という人もいるようだが、彼ら彼女ら全員の今後の音楽人生に幸多からんことを願う。