あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Matt Wilson's Big Happy Family - Beginning Of A Memory

Beginning of a Memory

Beginning of a Memory

Terell Stafford(tp) Kirk Knuffke(cor) Jeff Lederer(ts, ss, cl) Joel Frahm(ts, ss) Andrew D'Angelo(as, bcl) Gary Versace(p, org, acc) Larry Goldings(p) Martin Wind(b) Paul Sikivie(b) Yosuke Inoue(b) Chris Lightcap(b, elb) Matt Balitsaris(g, dobro) Matt Wilson(ds)


参加メンバーの妙な豪華さと、とりわけアンドルー・ディアンジェロの参加に惹かれて購入。とはいえ、マット・ウィルソンのリーダー作というのはオーソドックスジャズへの志向が強く、本作品も極めて真っ当なビッグバンド(というか、拡大版コンボといったイメージ)である。収録された全17曲は一応、ウィルソンの作曲ということになっているが、スタンダードやロックに元ネタがありそうなものばかりで、各人のソロも暴れまくったりはしない。だが、みんな楽しそうに伸び伸びと演奏している。まあ、わたしはディアンジェロのアルトサックスがそれなりに活躍してくれれば満足なのであった。