あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twenty One 4tet - Live at Zaal 100

Clean Feed レーベルの新作がようやく届いたので、まずは、偏愛するテナーサックス奏者ジョン・ダイクマンの参加作を聴く。

f:id:joefree:20160401211352j:plain
Twenty One 4tet - Live at Zaal 100
Clean Feed, 2016)
Luís Vicente(tp) John Dikeman(ts) Wilbert De Joode(b) Onno Govaert(ds)


思いのほか、ゆったりとした、ストレートなフリージャズ。注目のダイクマンは猛ブロウということなく、ぬめぬめとトグロを巻くように吹き続けるのだが、音がとにかくコク深いので、こちらの感情をじわじわと熱くさせてくれる。スタイルは違うけれど、トニー・マラビーに一脈通じるものがあるかも。とにかく、今後も追いかけ続けさせてもらいます。


参考動画(レコーディングライブ)

www.youtube.com
www.youtube.com


試聴
https://open.spotify.com/embed/album/29gLnt2cbWRd4bHW5HhZFJ



John Dikeman の過去記事一覧(旧ブログ)