あうとわ~ど・ばうんど

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Alex Ward Trios & Sextet - Projected ​/ ​Entities ​/ ​Removal

新譜 Alex Ward Rachel Musson

英国のギター兼リード(主にクラリネット)奏者、Alex Ward の新作を聴く(リリースは昨年11月)。


Alex Ward(cl, elg, direction) Hannah Marshall(cello) Olie Brice(b) Rachel Musson(ts) Steve Noble(ds) Tom Jackson(cl, bcl)


全3曲で、1曲目が Alex のクラリネット、Rachel のテナー、Steve のドラムというトリオ。2曲目が Hannah のチェロ、Olie のベース、Tom のクラリネットというトリオ(Alex は指揮のみ)。最後に、全員が一堂に会したセクステットで、Alex はクラリネットとギターを駆使する、という構成。

私は Alex Ward について、彼のギターサウンドは大好きなのだけれど、クラリネットに関しては余技程度の認識だったのだが、クラリネットの比重が高い本盤をあらためて聴き込んでみたところ、クラリネットも実はなかなかの腕前で、しっかり聴かせてくれることが分かって良かった。また、本作で初めて聴いた英国の女性サックス奏者、Rachel Musson にノックアウトされた。彼女は音がとにかくいい。トニー・マラビーやイングリッド・ラブロックのように、音そのものに非常に濃密なコクがあって、ぜひ他の作品も味わってみたい。


参考動画(前記メンバーから Steve Noble が抜ける。ただし画質・音質悪し)

www.youtube.com