あうとわ~ど・ばうんど

今年の愛聴盤

アルバム編。日記での新譜紹介は約70件と、また今年も減ったが、面白いジャズが目白押しで選ぶのに苦労する。
できましたら、皆さんのベストも教えてください。

海外編

This Brings Us to 1 (Dig)

カウントダウン方式で、ジャケ掲載が1位と考えていただいて、かまわない。そう。ダニエル・ザミール「ONE」が今年のベストだろうと考えていたが、ヘンリー・スレッギルの新譜を聴いて、考えが変わってしまったのである。この3枚は今年、本ッ当によく聴いたなあ。
むろん他にもヴァンダーマークやマッツやブロッツマンやニルセンラヴやその周辺は相変わらず素晴らしく、ジョン・ホーレンベック、スティーヴ・リーマン、マルク・デュクレ、マリー・ハルヴァーソン、ワダダ・レオ・スミス、等々にも非常に堪能させてもらったし、先日のティム・バーンも忘れてはなるまい。

国内編

SXQ saxquintet on Tour 2008 RUSSIA-LITHUANIA

このラインナップは「『国内』ではなく『身内』だろ!」という批判は重々承知している。
最近は『身内』的作品を除けば、日本ジャズをあまり聴かなくなってしまったなぁ・・・・・

発掘・復刻編

THE COMPLETE 1962 BIRDLAND BROADCASTS

今年は、発掘・復刻モノも豊作だった。コルトレーンは1966年のニューポートも出ているが、私的にはやはりコレであります。ダントツ。